パイロットの苦労を支える鞄が始まり

パイロットケースの始まりは、その名の通りパイロットの業務である飛行機の操縦を支援するために考えられたのが始まりです。
ご存じの通り飛行機の操縦はかなりの長時間、集中を途切れさせること無く継続する苛酷な業務であり、
パイロットは操縦の間ほとんど操縦席を離れることはできません。

そんなパイロットには、操縦しながらでも必要なものを取り出せる収納性の高い鞄が必要不可欠なのですが、
操縦席の狭さがネックとなりました。
そこで狭い操縦席でも多くのものが収納でき、
しかも操縦席に座ったまま気軽に開いて取り出すことができるように考えられたのがこのパイロットケースなのです。

その後、パイロットが重要な機密情報などを持ち運ぶことも考慮して、
パイロットケースの開口部に頑丈な錠前を付けるなどの工夫も考えられ、
現在のパイロットケース定番のデザインが作り上げられたのです。
そして、パイロットのために作り上げられた秀逸なデザインが、今ではパイロットだけで無く働くビジネスマンに受け入れられ、
飛行機の操縦席で無くても多く見かけるようになっています。